産後の変化に適応するパワー│内から真のキレイを取り戻す

このエントリーをはてなブックマークに追加
Healthy_Food

退院してから

退院してから産後ダイエットを始める場合は無理して自分の体を追い込むのではなく、できる範囲で少しずつ体を動かすことが重要なのです。産後数日はベッドの上でできるエクササイズをする必要がありますが、隊員してからしばらく運動していない場合にはベッドの上でできる手軽なものから始めることも良いのです。特に出産を経験することで鈍っている部分はお腹や腰周辺です。腹筋を鍛えるためには、いきなりハードなものを始めるのではなく、軽いものから初めてみましょう。その方法はベッドの上で軽く状態を起こす程度の腹筋です。出産を経験すると腹筋を特に引き締めることが重要で、軽くでもいいので、できるだけ状態を軽く起こし、つま先を見つめる状態を数秒キープしましょう。キツくなったら、元のうつ伏せ状態に戻しこれを数回繰り返すことによって鈍った腹筋を鍛えることができるのです。またこれは一回で効果が出るのではなく、数日繰り返すことで美しいウエストを保つことができるようになるのです。また慣れてくると効果が薄くなってしまうので、より負担のかかる普通の腹筋を試すことも大切です。それから腹筋がどんどんレベルアップしてくると道具を使った方法も腹筋に効果的です。より腹筋に効果的な道具はローラーを利用したものです。この方法で腹筋を鍛えるとより負荷がかかるので、美しくキレイな腹筋を作ることができるのです。また骨盤の歪みも姙娠を経験するとよく現れる症状です。この症状があるかもしれないと思ったときに試すべき方法は、ベッドで仰向けになり、膝を曲げます。その状態でつま先を少し浮かし、両足を右に倒しましょう。このとき、体はできるだけ正面を向き、つま先と足だけを右に倒すことを意識しましょう。その状態で腹式呼吸をし数秒だったら次は左につま先を倒します。右と同様に同じ動きを繰り返し、左右できる程度で骨盤を矯正しましょう。これも効果的な産後ダイエットの1つなのです。